2006年02月21日

15.自分と向き合うこと。

さて、私はこんな深夜に何をやっているんでしょう。
(お仕事の大詰めで、ひとに仕事させてそれの上がり待ち?)

前回(ヨガ14)、ヨガを始めて変わった・・・と書きましたが、
最近「左はできても右は難しい」あるいはその逆・・・という
ことが何度かありました。
私は幼少時の身体測定で、左か右かに傾いていると言われて、
そのせいか小学生のくせに一丁前に肩こりとかおこしてました。
やっぱりどこかゆがみがあるのかなぁ。
もちろん、人間の体が金型から起こした完全なシンメトリー
だったらそれはそれで気味が悪いんだろうけど、ゆがみは
ないほうがいい。

あと、体が固かったり、筋力が少なかったりでできないポーズが
まだまだあります。そういうのを知ることもまた、大きな進化
だと思います。
もしヨガを始めてなかったら、できないことを一生知らないまま
どんどんできない体になっていたかも(見た目はかんたんにできそう
なんだけど、これがなかなか・・・)。
私くらいの歳になると、仕事とかではプロセスじゃなくて結果を
出さないとダメなんですよね。
「頑張ったからいい」っていうのは自分的にも受け入れられない
わけで。
でも、本来の私は、たぶん結果よりも過程を楽しむタイプなんだと
思う。うまくいきそうになった途端に、対象への興味がなくなる
って経験が多すぎる。
ヨガは自分がかわっていく過程がいくつもあって、昨日今日で
急激に何かが変わる訳じゃない。
できない自分を知って、できるようになりたいと練習をして、
その過程に意味があるんだと思うようになりました。

結果がすぐに出ないからこそ、楽しいって・・・。


posted by コムギ at 03:45| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。