2006年01月15日

12.スタジオ新規開拓の顛末

今、メインで通っているこぢんまりとしたスタジオを
大変気に入っているにもかかわらず、予約の取れにくさや
レッスン数の少なさで通いにくさを感じている私。
他にもちょこちょこ浮気して通っていたりするのですが、
さらに新規開拓をしようとネットで調べてみました。

価格も安く、レッスン数も多い、オープンしたてで認知
されていないのか予約もとりやすいと3拍子揃ったスタジオを
一軒見つけました。
で、早速、予約して出掛けたのですが、スタジオの扉を開けた
時点で<回れ右>して帰りたい気分になった。

私は別にSLOW-FLOWのようなセレブな雰囲気が好きなわけでは
ないし、大手のフィットネスクラブにありがちな「画一化された
清潔さ・明るさ」はむしろ苦手なほうなんだけど、活気がなくて
暗く寒々しい雰囲気は生理的にダメだった。
でもまぁ、レッスン内容が大切なので、とりあえず受けてみました。
先生はとてもいい人で親切だったけど、教え方とか力量の面で、
続けて通いたい内容ではなかったです。

フレンドリーな雰囲気を作りたかったのか、途中で、雑談してきて
気が散る。これだったらDVD見ながら家でしているほうがマシかなぁと。
一番、納得できなかったのは、レッスン中なのに、(予約の?)
電話がかかってきたらそっちを優先したところ。めちゃくちゃ気が散ります。
残念ながら、新規開拓は失敗でした。

大手のヨガスタジオは、感動することも少ないですが、極端な外れも
少ないです。こぢんまりしたスタジオで気に入ったところを見つける
のは、結構、バクチに近いものがある。
もし、私が一番始めに飛び込んだのがそのスタジオだったら、親切な
先生に「こんなもんかなぁ」と思って通っていたかもしれないもの。


posted by コムギ at 17:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ヨガ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。